京都内視鏡クリニックの 医師 をご紹介します。

特別顧問の工藤進英医師は、大腸内視鏡検査を通算20万例以上こなす、内視鏡ゴッドハンドと呼ばれています。世界が認める大腸がん治療の名医として、「早期がん」を一刻も早く発見し、1人でも多くの患者さんを治療することに日々尽力しています。

工藤進英

工藤進英

KUDO SHINEI

(特別顧問)

「患者さんの痛みは、自分の痛み」

工藤進英医師は、「幻のがん」と呼ばれていた陥凹(かんおう)型大腸がんを、世界で初めて発見しました。大腸がん治療の名医として世界が認め、大腸内視鏡検査を通算20万例以上こなしています。僅か5分で痛みのほぼ無い内視鏡検査を行うことから、内視鏡ゴッドハンドと言われています。早期発見、早期治療で一刻も早く「早期がん」を発見し、1人でも多くの患者さんを治療することに日々尽力しております。

  • 昭和48年 新潟大学 医学部卒
  • 昭和48年 新潟大学 外科
  • 昭和60年 秋田赤十字病院 外科部長
  • 平成4年 秋田赤十字病院 胃腸センター長
  • 平成12年 昭和大学医学部 教授
    横浜市北部病院消化器センター長
  • 平成13年 昭和大学横浜市北部病院 副院長
  • 平成19年 上海復旦大学附属華東医院 終身名誉教授
  • 平成26年 南京医科大学 客員教授
  • 平成29年 昭和大学 特任教授

※ 米国消化器内視鏡学会 国際会員
※ 米国消化器病学会 国際会員
※ 第78回 日本消化器内視鏡学会総会 会長
※ 日本消化器内視鏡学会 理事

津田 純郎

津田 純郎

TSUDA SUMIO

(院長)

「人にやさしい」内視鏡検査を

医療法人進英会は、京都に内視鏡専門のクリニック「京都内視鏡クリニック」を開院しました。そして、工藤進英特別顧問の指名を受け院長に就任いたしました。専門は、消化器内科(主に大腸がん、胃がん、炎症性腸疾患)です。特に、大腸の内視鏡分野においては、30数年間、診断・治療のみならず苦痛を与えない「人にやさしい」内視鏡技術を身につけるべく研鑽をつんできました。勿論、胃の内視鏡も同じです。京都内視鏡クリニックの診察は、内視鏡検査を中心に行います。長年培ってきた知識と技術と経験によって、より良い医療に貢献する所存です。よろしくお願いいたします。

  • 昭和58年 福岡大学 医学部卒
  • 昭和61年 福岡大学筑紫病院内科・消化器科
  • 昭和62年 亀田総合病院消化器科、画像診断部
  • 平成元年 福岡大学筑紫病院消化器科
  • 平成4年 スエーデン、ルンド大学マルメ総合病院放射線科内視鏡部
  • 平成6年 福岡大学筑紫病院消化器科
  • 平成18年 福岡大学筑紫病院消化器科 助教授(准教授)
  • 平成21年 岡山市医師会総合メディカルセンター付属診療所 所長
  • 平成28年 岡山済生会総合病院健診センター 内視鏡部長
  • 平成30年 大阪内視鏡クリニック

診療のご予約・ご相談はこちらから

電話受付時間 9:00-18:00(平日)